シーン制御アプリケーション

シーン制御アプリケーションのアイコン
シーンアイコン一覧表示画面

HomeX Display に登録された複数の機器を1度に操作できます。

機能説明

あなたの生活に合わせてシーンの作成・操作を行うことができます。例えば、朝起きたときに照明をつけてすべてのシャッターを開けるなどの操作ができます。

使いかた

シーンを作りたいとき

  1. コントロールレイヤーの画面左下にある[シーン]をタップする
  2. 画面右の[+]アイコンをタップする
  3. 名称をタップし、シーン名称の入力と、アイコンを選択する
鉛筆アイコンをタップする画面
  1. シーン登録機器を設定する

部屋ごとに、機器の操作を設定します。

①設定したい部屋をタップする

リビングをタップする画面

※[家全体]をタップすると、AiSEG2 で設定した照明シーンの操作を行うことができます。

②機器の操作を設定する

[未設定]をタップすると、各機器の操作を選択することができます。

未設定をタップする画面
  1. [決定]をタップする

シーンを削除または修正したいとき

  1. コントロールレイヤーの画面左下にある[シーン]をタップする
  2. 削除または修正したいシーンのアイコンを選択する
  3. シーンの詳細画面で、画面右上の[削除]または[編集]をタップする

※編集のしかたは、上記「使いかた」の「シーンを作りたいとき」をご覧ください。

シーンの操作を行いたいとき

  1. コントロールレイヤーの画面左下にある[シーン]をタップする
  2. シーンのアイコンを選択する
  3. シーンの詳細画面で、[実行]をタップする

※操作完了までに、時間がかかる場合があります。

シーンの並び順を替えたいとき

  1. 画面右上の[並べ替え]をタップする
シーン一覧画面
  1. 移動したいシーンのアイコンをタップする
  2. アイコンの左右の矢印をタップして移動させる
シーン並べ替え画面
  1. 画面右上の[完了]をタップする

※ 5台全てのHomeX Display で同じ並びになります。

注意事項

シーンの設定と操作について

  • 最大11シーンまで作成でき、すべてのHomeX Display で共有されます。
  • 1つのシーンにつき、最大で30機器まで設定できます。
  • 対象機器とその操作項目、設定内容は次のとおりです。

機器

操作項目

設定内容

照明

消灯 / 点灯

消灯 / 点灯

照度

4段階から選択
※調光タイプの照明のみ設定できます。

アドバンスシリーズ用無線アダプタ

照明シーン

AiSEG2 で設定したシーンから選択

全館空調

運転モード

自動定常 / 自動セーブ

室温調整

5段階から選択

セーブ運転 セーブ時間1
有効 / 無効設定

有効 / 無効

セーブ運転 セーブ時間1
時間設定

開始時間 、終了時間の設定

セーブ運転 セーブ時間2
有効 / 無効設定

有効 / 無効

セーブ運転 セーブ時間2
時間設定

開始時間 、終了時間の設定

エアコン

運転モード

停止 / 冷房 / 暖房 / 除湿 / 自動

温度設定

16℃~30℃ で設定

シャッター

開閉操作

動作を停止 / 閉 / 全開
※ご使用の機種によって異なります。

ブラインド

開閉操作

動作を停止 / 閉 / 全開

角度

6段階から選択

床暖房

電源

停止 / 運転

空気清浄機(天井埋込形)

運転モード

停止 / 弱 / 中 / 強 / ターボ / 自動

電気錠

解錠 / 施錠

解錠 / 施錠

プリセットシーンについて

  • プリセットシーン[お出かけ]は、HomeX Displayの出荷時にあらかじめ設定されているシーンです。
  • プリセットシーン[お出かけ]も、編集・削除できます。
  • プリセットシーン[お出かけ]が出荷時の設定の場合、対象機器とその操作項目、設定内容は次のとおりです。

機器

操作項目

設定内容

アドバンスシリーズ用無線アダプタ

照明シーン

全消灯

エアコン

運転モード

停止

シャッター

開閉操作

ブラインド

開閉操作

空気清浄機(天井埋込形)

運転モード

停止

床暖房

電源

停止

照明シーンについて 

  • 照明シーンは、各照明の点灯・消灯・調光を設定・操作できるAiSEG2 の機能で、AiSEG2 での登録が必要です。設定方法はAiSEG2 取扱説明書に記載の「照明シーンを設定する」をご覧ください。([全消灯]のみ、事前に登録されています)
  • 照明シーンは、シーン設定時に、1機器としてカウントされます。照明シーンのご利用をお勧めします。