話そう。気づこう。超えよう。DIVERSITY, EQUITY, INCLUSION - DEI 話そう。気づこう。超えよう。DIVERSITY, EQUITY, INCLUSION - DEI

※ここで言う「一人ひとり」とは、性別・性自認をはじめとするあらゆる属性にとらわれない多様な個性を持つ社員一人ひとりのことを指します。
パナソニックグループでは各々が自分らしさを発揮し挑戦し続けられるよう、様々な取り組みを推進しています。
詳しくは、「一人ひとりへのサポート:多様な働き方とワーク・ライフ・バランス」をご確認ください。

新着情報

2022年6月7日

Panasonic Newsroom Japan 特集記事を公開しました。
「一人ひとりが活きる経営」の実践に向けて~DEI推進の取り組み

私たちが目指す「DEI(Diversity, Equity & Inclusion)」とは?

挑戦する一人ひとりが ――

Diversity:互いの個性を受け入れ、尊重し、個性に価値を見つけること
Equity:機会の提供の公平性を追求すること
Inclusion:個性を発揮し、組織として活かしあうこと

当社のDEI(ディー・イー・アイ)ポリシーは、パナソニックグループ共通のDiversity, Equity & Inclusionの定義、目的およびビジョンを、全てのステークホルダーの方々に宣言するものです。
グループ各社は、本ポリシーの実現に向けて、各国・地域の法令を踏まえ具体的な取り組みを推進します。

トップコミットメント

DEIの⽬的・ビジョン

DEIの取り組みを通じて、「物と心が共に豊かな理想の社会」の実現、そしてより多くの人々の幸せに貢献していくことを宣言しています。

各事業会社社⻑のコミットメント

「一人ひとりが活きる経営」の実現に向け、各事業会社社長がDEIの推進にコミットし、事業戦略として取り組みを推進していきます。

従業員意識調査

毎年グローバル全社員を対象に実施している「従業員意識調査(EOS:Employee Opinion Survey)」では、特に「社員エンゲージメント(社員の自発的な貢献意欲)」と「社員を活かす環境(適材適所、働きやすい環境)」の肯定回答率を最も重要な指標としています。

賛同表明している取り組み

「EqualityActJapan」「東京レインボープライド」「在日米国商工会議所(ACCJ)の提言」「30% Club Japan」といった外部の活動に賛同表明しています。

インクルーシブな職場環境づくり

グループDEIフォーラム

グループDEIフォーラムとは、一人ひとりがDEIについての理解と共感を高め、行動につなげる機会とすることを目的とした社内イベントです。2021年は「話そう。気づこう。越えよう。」をスローガンに、10月の2日間にわたりオンラインで開催しました。

アンコンシャス バイアストレーニング

誰もが無意識に持っている偏ったものの見方。その存在について学ぶことで、一人ひとりの多様性を活かせる職場風土の醸成を図っています。

社内での対話

「A Better Dialogue」や「DEI職活」のプログラムを通じて、上司や同僚と対話しながらDEIの自分ごと化に取り組んでいます。また、様々な個性をテーマにした自発的なコミュニティ活動も全社に広がっています。

社内での情報発信

DEIに関する社内取り組み事例や他社事例、活用できる社内制度の解説など、最新の情報をイントラサイト上に掲載しています。

従業員意識調査

毎年、グループ全社員を対象に「従業員意識調査」を実施しています。その結果については職場にフィードバックすることを徹底し、人材育成や組織づくりに活かしています。

グローバル各地域の取り組み

パナソニックグループでは、グローバル各地域においてもそれぞれの課題に応じて、人材育成/評価の仕組みづくりや、各種研修、コミュニティ活動などを展開しています。

一人ひとりへのサポート

多様な働き方とワーク・ライフ・バランス

「一人ひとりへのサポート」とは、多様な個性を持つ社員一人ひとりが個性を発揮し挑戦に向き合えるよう支援していくことです。人生の様々なシーンにおいて多様な働き方が選択できる環境や仕組みを整えることで、ワーク・ライフ・バランスの実現に取り組んでいます。

障がいのある人

障がいの有無に関わらず、あらゆる社員が個性を発揮し、挑戦し、活躍できるようサポートしています。

高年齢者雇用

人生100年時代を踏まえ、社員一人ひとりの早期からの自律的なキャリアづくりの推進や、高年齢者の多様な就労ニーズに対応した施策を拡充しています。

LGBTQ

個性を尊重し、互いに受け入れるというDiversity(ダイバーシティ)の取り組みの一環として、 LGBTQの方々への理解を深める取り組みを行っています。

ジェンダーの公平性

パナソニックグループでは報酬体系上、性別・性⾃認などはもとより、個々⼈の属性その他による格差が生じないような「仕事・役割等級制度」を導⼊しています。
また、管理職層においても、属性にとらわれない多様性の確保に取り組んでいます。

一般のお客様へ

パナソニックグループのユニバーサルデザインの取り組み

「誰もがやりたいことを叶えながら、共に生きていく社会へ」。
身体、年齢、国籍、ジェンダー、価値観、ライフスタイル、働き方、家族のかたち・・・パナソニックグループは、一人ひとりの違いを個性と認め、より多くの人々への心配りを商品・サービスを通じて提供することで、すべての人が自分らしさを輝かせることのできる社会の実現を目指します。

投資家の方へ

IR情報

パナソニックグループの投資家様向け情報をご覧いただけます。個人投資家様向け情報、経営方針、財務情報、株式情報、IR資料などを掲載しています。

サステナビリティ データブック

社会・環境への取り組み姿勢や、人材育成と多様な人材の活用などについてご報告するコミュニケーションツールとして発行しています。

入社をご検討される方へ

入社後のサポート

入社直後、オンボーディング、キャリア開発、評価・昇進、出向・異動・転勤などの様々な局面で、DEIに関する学びの場やサポートプログラムをご利用いただけます。

採用情報

パナソニックグループには、志と夢を持った仲間たちがいます。一人ひとりが培ってきた技術力と、くらしのすべてを領域とする事業フィールドがあります。私たちとともに想像以上の未来をつくっていきましょう。