Panasonic GREEN IMPACT Panasonic GREEN IMPACT

パナソニックにできる、一つひとつのアクションは小さいかもしれません。しかし、その「ACT」を積み重ねることが、きっと地球温暖化対策につながる大きな「IMPACT」になっていくーー。

我々は、自社の事業に伴うCO2排出量の削減と、社会におけるCO2排出量の削減に対する貢献を「Panasonic GREEN IMPACT」と名付け、「より良いくらし」と「持続可能な地球環境」の両立に向けて、独自の目標を掲げて取り組んでいきます。

2050年に向けて、現在の世界のCO2総排出量の
「約1%(≒3億トン)」の削減インパクトを目指します。

※ 2019年 エネルギー起源CO2排出量 336億トン(出典:IEA) 3億トンは2020年の排出係数で算出

パナソニックグループの幅広い事業領域を活かし、社会の省エネ化と再生可能エネルギーの普及に下記4つのインパクトを与えることで、脱炭素化を推し進めていきます。それが社会のCO2排出係数を引き下げ、結果として、自社バリューチェーンからのCO2排出量削減も加速していきます。

パナソニックグループは、自社のカーボンニュートラルを実現し、さらに社会のカーボンニュートラルにも貢献していきます。

Panasonic CO2 emission 2020 Panasonic GREEN IMPACT 1 2 3 4 2050 Panasonic CO2 emission 2020 Panasonic GREEN IMPACT 1 2 3 4 2050

各インパクトにおけるパナソニックグループの取り組み事例

IMPACTの種類

パナソニックグループ取り組み事例(一部)

❶自社バリューチェーンにおける排出削減インパクト
(OWN IMPACT)

  • CO2ゼロ工場の取り組み
  • 当社オフィスの省エネ
  • お客様が使用する当社家電商品の省エネ

❷既存事業による社会への排出削減貢献インパクト
(CONTRIBUTION IMPACT)

  • 純水素型燃料電池
  • ヒートポンプ式温水暖房機(Aquarea)
  • 真空断熱ガラス(Glavenir)
  • コンビニ・スーパー向け冷蔵用自動ドア
  • EV用リチウムイオンバッテリー

❸新事業・新技術による社会への排出削減貢献インパクト
(FUTURE IMPACT)

  • 現在開発中の環境技術(ペロブスカイト太陽電池等)

❹社会のエネルギー変革に対する波及インパクト
(INFLUENCE)

  • ❶~❸の事業活動や社会とのコミュニケーション活動を通じて、生活者や事業者の再エネ拡大を促進

パナソニックは、今後もCO2削減に貢献する様々な活動の
インパクトを拡げ、社会と共にカーボンニュートラルを目指します。