写真:本体を押すだけで点灯するたまランタン 写真:本体を押すだけで点灯するたまランタン
画像:停電・避難の際に備える「もしもの備え」グッズ、さまざまなランタンの商品写真

パナソニックの防災製品が目指すのは、突然の災害時にも、誰もがすぐに使いこなせる道具であること。
普段から使い慣れているものなら、いざという時も役立てるはず。
たとえば、球(たま)ランタンなどの灯りは「いつも」の日常で使いやすく。
「もしも」の時は防災用として活用できるという発想です。

もしもの時、小さなあかりは大きな安心になる。目指したのは、非常用ではなく、日常用。普段はインテリアとして、非常時は懐中電灯として使える。球ランタンは、非常時はもちろん、日常でも使えるシンプルで親しみのあるデザイン。弱モードなら約45日間の連続点灯が可能で、心強いあかりとなります。

画像:
球(たま)ランタン商品写真
解説グラフ:弱点灯で約45日間連続点灯: 弱点灯は約1100時間 強点灯は約60時間(乾電池エボルタ 単3型×3本の場合)
弱点等で約45日間連続点灯

対応UDマーク

UD対応項目は3つ、安心への工夫、大きなボタン、持ち運びしやすい UD対応項目は3つ、安心への工夫、大きなボタン、持ち運びしやすい

暗闇でもタッチセンサーでスムーズに使用できるから、素早く灯りが確保できます。

画像:
でかランタン商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は3つ、安心への工夫、大きなボタン、持ち運びしやすい UD対応項目は3つ、安心への工夫、大きなボタン、持ち運びしやすい

単1形~単4形のどの電池でも使用することができるので、もしもの時も身近な電池1本で点灯。

画像:
電池がどれでもライト商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい

単3形、単4形の電池どちらか1本で使用可能なLEDライト。こどもにも持ちやすいコンパクトサイズ。

画像:
電池がどっちかライト商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい

前方と足元を同時に照らすことで暗い場所を歩くときに、より安全を確保できるマルチライト。

画像:
強力マルチライト商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい

グリップの断面が八角形で持ちやすく、転がりにくい懐中電灯。50lmの明るさと防滴仕様で雨中でも使いやすい設計です。

画像:
LED懐中電灯商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい

首からかけるだけで、広く足元を照らします。また、強く引っ張ると外れる機構で安全です。

画像:
LEDネックライト商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい

電池がなくても手回しによる充電でラジオが聴けます。携帯電話やスマートフォンも充電可能です。

画像:
手回し充電ラジオ商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい UD対応項目は2つ、安心への工夫、持ち運びしやすい

地震や火災時でも分かりやすい簡単操作で非常放送を多言語で発信。日英中韓、64メッセージ内蔵で各国語自動放送します。

画像:
壁掛形非常用放送設備商品写真
画像:
壁掛形非常用放送設備機能ゾーニング

対応UDマーク

UD対応項目は3つ、安心への工夫、カラーUD、多言語対応 UD対応項目は3つ、安心への工夫、カラーUD、多言語対応

街路灯としては、もちろん、さまざまな機器が接続可能な電源としても使用でき、避難場所で活躍します。

画像:
ソーラー街路灯商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は2つ、安心への工夫、自動OFF UD対応項目は2つ、安心への工夫、自動OFF

テレビ台にピタッと吸着するから、地震や、子どもがテレビに手をかけた時も転倒を防止します。

画像:
転倒防止機構商品写真

対応UDマーク

UD対応項目は1つ、安心への工夫 UD対応項目は1つ、安心への工夫

環境性に優れた紙製のパッケージは、一時保管の際も電池をまとめやすく、いざという時への備えになります。シュリンクフィルム(乾電池を包むプラスチックのフィルム)がないので、必要な時に誰でも容易に取り出せます。

画像:
乾電池エボルタNEO エシカルパッケージ商品写真
画像:
すぐに使わない電池は袋のまま保管

対応UDマーク

UD対応項目は1つ、安心への工夫 UD対応項目は1つ、安心への工夫

※このユニバーサルデザインサイトは、より多くの方へのアクセシビリティを高めるために、様々な方のご意見をお聞きして改善を行なっております。
※障害の漢字表記に関して:スムーズな読み上げを実現するために、障害という単語を漢字で表記しています。

関連情報

関連リンク

「ユニバーサルデザインってなんだろう?」
子ども達の「?」を解決するためのページです。
ユニバーサルデザインの楽しさや大切さを紹介しています。