パナソニック キャリア教育プログラム

2022年度 お申し込み受付中 2022年度 お申し込み受付中

未来の自分に向けて今やるべきこと 私の行き方発見プログラム !?! 未来の自分に向けて今やるべきこと 私の行き方発見プログラム !?!

無償提供 無償提供

主体的な進路選択を支援する2つのプログラム!

対象:中学生


後援:

全日本中学校長会
全国市町村教育委員会連合会
中学校進路指導・キャリア教育連合協議会

「私の行き方発見プログラム」は、パナソニックが企業市民活動の一環として学校に提供しているキャリア教育プログラムです。 次世代を担う子どもたちが、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい“行き方”を考えるプログラムを提供しています。

2022年度版 お申込み受付中(教材提供、出前授業)

教材提供、出前授業は、上記のボタンからお申し込みください。

お問い合わせ

上記のボタンから、お問い合わせください。

「私の行き方発見プログラム」運営事務局(株式会社プラスエム内)

TEL:03-5541-7080 FAX:03-6222-4823 メール:panasonic-education@plus-m.co.jp

本プログラムの特徴

ポイント1

生徒の主体的な進路選択を支援するプログラムで、職場体験学習の事前学習やまとめとして最適です。

ポイント2

学校のご要望に合わせて「教材提供」と「出前授業」の自由な組み合わせが可能です。※昨年度は全国約250校が活用。

ポイント3

教師用ガイド、授業スライド、生徒用ワークシートなどの教材は、簡単にダウンロードしてご活用いただけます。

ポイント4

パナソニック社員による出前授業(50分)は、クイズ、ミニワークショップを取り入れたアクティブな授業です。

「私の行き方発見プログラム」は”教材提供”と”出前授業”がございます。

キャリア教育の教材提供

学年のニーズによって使い分けられる4つのキャリア教育プログラム教材を提供いたします。

プログラム①

プログラム②

プログラム③

プログラム④

会社の役割発見

職業と能力の関係発見

職場体験での仕事発見

自分の”行き方”発見

パナソニック社員の出前授業

パナソニック社員講師の体験やパナソニック社員のアンケートをもとに構成する中学生向けキャリア教育の出前授業です。

キャリア教育教材の提供

 ※全国の中学校対象

学年のニーズによって使い分けられる4つのモジュール型プログラムです。プログラムは、自由にアレンジしてお使いいただけます。教材はすべてデジタル化対応済で、簡単にダウンロードでき、すぐにお使いいただけます。

キャリア教育の教材提供の授業風景写真

プログラム1

テーマ

会社の役割発見

どのような役割の人が
会社を支えて
いるのだろう?

プログラム2

テーマ

職業と能力の関係発見

仕事をするために
必要な能力とは何だろう?


プログラム3

テーマ

職業体験での仕事発見

職場体験の会社の役割と
仕事と能力の関係は?


プログラム4

テーマ

自分の”行き方”発見

自分の価値観を
発見しよう。


時間

50分×4プログラム ※アレンジ自由

対象

中学生

授業進行の詳細を記載した「ティーチャーズ・ガイド」、
生徒の学習理解を深める「授業用スライド」「ワークシート」などをご用意しています。
お申し込み受け付け後、ダウンロードのURLをメールでお知らせいたします。

ティーチャーズ・ガイド

ティーチャーズ・ガイド

授業用スライド

授業用スライド

生徒用ワークシート

生徒用ワークシート

キャリア教育教材提供までの流れ

①WEBサイトからお申し込みください。

②事務局より、後日メールにてお知らせするURLから教材をダウンロードしてお使いください。

③事前アンケートの実施をお願いします。

④授業実施

⑤事後アンケート実施 

パナソニック社員の出前授業

パナソニック社員講師の体験やパナソニック社員のアンケートをもとに構成する中学生向けキャリア教育出前授業です。

オンライン授業 オンライン授業
貸し出し無償

パソコンおよび通信環境をご用意ください。
貸し出しも可能ですので、ご相談ください。

講師は学校に訪問することなく職場等から授業を行います。カメラを通し職場の様子を紹介する場合もあります。ワークや質疑応答等も実施します。

訪問授業 訪問授業

 ※地域限定(地域によっては実施できない場合がございます)

1校につき1名の講師がお伺いし授業を行います。複数クラスの場合には、1会場に集まっての実施をお願いします。

時間

50分 ※無償提供教材を使った事前学習を実施

対象

主として中学生

授業テーマ

自分の「今」が「未来」につながる

出前授業のねらい

  • 「会社や組織を支える多様な仕事や役割」を知ろう。
  • 「仕事をする上で大切なこと」を知ろう。
  • 「学校での勉強・活動と実際の仕事のつながり」を、講師の具体的な
     経験から学ぼう。

※今回の出前授業のために、パナソニック社員を対象に、仕事や働き方に関するアンケート調査を実施。
 その結果を教材として授業の中で活用しています。

資料

▲上記から出前授業の資料がダウンロードできます

出前授業実施期間

原則2022年6月~12月(土日、祝日、年末年始は除く)

出前授業までの流れ

1 お申込み WEBサイトからお申し込みください。  2 ご連絡 事務局よりご連絡いたします。 3 日程調整 出前授業の日程を調整します。 4 事前学習 出前授業の前にご提供する教材を活用し事前学習を行っていただきます。   5 事前アンケート実施  6 出前授業 パナソニック社員が訪問し「会社」「仕事」「行き方」について、講師の経験を交えながら授業を行います。   7 事後アンケート実施 授業実施後と3ヶ月(目安)後の実施をお願いいたします。 1 お申込み WEBサイトからお申し込みください。  2 ご連絡 事務局よりご連絡いたします。 3 日程調整 出前授業の日程を調整します。 4 事前学習 出前授業の前にご提供する教材を活用し事前学習を行っていただきます。   5 事前アンケート実施  6 出前授業 パナソニック社員が訪問し「会社」「仕事」「行き方」について、講師の経験を交えながら授業を行います。   7 事後アンケート実施 授業実施後と3ヶ月(目安)後の実施をお願いいたします。

アンケートご協力のお願い

本プログラムを活用した学習効果を検証し、今後の改善につなげるため、実施いただいた学校の生徒のみなさんと先生を対象に、教材提供の場合、活用する事前と事後の計2回、出前授業は実施の事前、事後、3か月後(目安)の計3回のアンケートへのご協力をお願いいたします。

実施した先生の声

川崎市立南生田中学校 校長  網屋 直昭 先生 

中学生にとって、働くことについての実感や職業観を持たせることはとても重要なことです。学校生活の日々の中で、生徒は、教科学習や行事、部活動等を行い、さまざまな経験をしており、これらのことすべてが将来のキャリアに繋がっているのですが、なかなかその実感が持てないのが現実のようです。
マスメディアから流れてくる情報には、「人々が行っていた仕事がAI化される」「今ある仕事がなくなり全く新しい職業が現れる」など、先の予想ができない不安感を抱かせる面もあります。しかし、激しく変化する社会の中で、今だからこそ、多様な個性や考える力を伸ばしていくことが大切であり、キャリア教育の重要性が言われていると感じています。

「私の行き方発見プログラム」を本校で実践し、働くこと、働く上で重要なことなどを、パナソニック社員である講師の方の実体験を通して語っていただけたのは、大変刺激になったと思います。
また、会社の中での職種、役割の解説など、中学生にはなかなかイメージができない“会社”というものがどんなものかを、当事者の本物の(リアルな)言葉として聞けたことは、大変貴重な機会となりました。特にパナソニックのような知名度の高い企業についての話は、生徒にとって、社会とのつながりがイメージしやすいものであったのではないかと思います。

本プログラムを活用したキャリア教育は、学校で行う授業の内容を補完するだけでなく、より社会とのつながりを実感させ、生徒自身が自分事として考えられる内容として、学校の中だけではなかなかできないキャリア教育プログラムとなると感じました。

    現在、新しいお知らせはございません

    教材の活用事例や出前授業レポートは、WEBサイト「パワーアップ情報ファイル」で紹介しています。

    2022年度版 お申込み受付中(教材提供、出前授業)

    教材提供、出前授業は、上記のボタンからお申し込みください。

    お問い合わせ

    上記のボタンから、お問い合わせください。

    「私の行き方発見プログラム」運営事務局(株式会社プラスエム内)

    TEL:03-5541-7080 FAX:03-6222-4823 メール:panasonic-education@plus-m.co.jp